スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後の補修工事

2011年07月28日 11:22

屋根の補修 

 3月11日に発生した震災の影響は、千葉県にもその爪痕を残し、4か月経ってもいまだ屋根にブルーシートの掛かったままの住宅をあちらこちらで見かける。瓦屋根は、殆どの場合、棟が壊れている事が多いのだが、まず棟の材料が無いことに加え瓦の下地になる粘土や、漆喰材が不足している。さらに、瓦を扱える職人さんが高齢化して人数も不足しているので、いつ補修が出来るのか見当がつかない状態だ。

 それでも、知人から紹介されると何とかしなければならない。棟の瓦があれば左官屋さん、大工さんで何とかなる。大工工事で棟型を造って板金工事で仕上げたり、漆喰の代わりに防水モルタルで仕上げたりいくつか工夫をして納めを考えて補修工事をして来た。屋根の補修工事に関連して、ついでと言っては語弊があるが、基礎が壊れたり、床が下がったり、雨漏りが発生したり、今まで誰に相談して良いか困っていてこの際に一緒に補修をしたいとの希望があり、一緒に工事することが多い。

 そんな訳で、このところ補修工事に追われ、すっかり工務店の仕事が多くなって来た。しかし、補修工事をして感じた事だが、長年治らなくて半ば諦めていた雨漏りなどを治すと本当に喜んでくれる。全ての結果には原因がある。謙虚に実際の現象と正面から取り組むとそれなりの原因が見えてくる。建築のトラブルについて、人はあれこれと言い訳するが、建物はうそをつかない。建物の悲鳴に耳を傾けると、原因が見えてくる。

 建築のトラブルの大半は、小学生の時に理科の時間に習った事で大抵説明がつく。たとえば、雨漏りの原因は、毛細管現象に起因する事が多い。また結露は、飽和水蒸気の露天温度に注意をすると原因が推察出来る。最近では字のごとく「ホームドクター」になった気分で、今までの経験を生かして人の役に立てると言う実感は、悪くないなと思う。そこで、最近の補修工事と現在進行中の工事を写真で紹介したい。百の言葉より一枚の写真の方が解り易いと思うので、参考にして下さい。

例その1
IMG_3885.jpg

全体の工事風景
IMG_3891_20110728114026.jpg

棟瓦を降ろして大工工事で棟の下地を造る
IMG_3930.jpg

棟の下地の下に防水モルタルで雨水が入らない様に処理をする
IMG_3994_20110728115840.jpg

板金で棟の形を造って棟にかぶせる
IMG_4102_20110728120137.jpg

竣工写真。破損した棟瓦を金属の棟に交換したが、違和感は無く、むしろシャープな棟の線が出てすっきり見える。屋根荷重も軽くなり、棟を木の下地でしっかり押えたので、地震で瓦がずれる心配が無くなった。

例その2
IMG_4477.jpg

破損した棟瓦を降ろした状態
IMG_4482.jpg

漆喰の代わりに防水モルタルで棟瓦の下地を造る。このほうが、漆喰より耐久性があり、地震に対しても強い
IMG_4483.jpg

防水モルタルで下地を整える
IMG_4485.jpg

棟瓦を載せて完成した状態

例その3
IMG_4158.jpg

洋風瓦の棟が破損したので棟瓦を降ろす。雨が降ると雨漏りの心配があるので多人数で一気に工事を進める
IMG_4169.jpg

棟付近の瓦を降ろした様子
IMG_4180_20110728122940.jpg

和瓦の棟と同様に防水モルタルで棟の下地を造る。和瓦と比較して下地のモルタルの量が少ない
IMG_4286.jpg

棟の補修完成の状態
IMG_4403.jpg

屋根工事の為、足場を掛けたので、この機会に外装の塗装も新しくした。補修した屋根の棟は、残念ながら道路からは見えない

例その4

IMG_4254.jpg

長年、屋根の雨漏りが止まらないとの相談を受け、雨漏りがしている屋根の部分を壊して見ると、明らかに壁に雨漏りの跡が見える。これは屋根と外壁のぶつかる部分の水切りの不足に起因している事が解る
IMG_4256.jpg

問題と思われる板金部分を撤去する
IMG_4273.jpg
古い防水紙を取り除いて、下地をFRP防水処理をする
IMG_4278.jpg

防水処理をした上に、大きめの板金で屋根からの雨水を受けるようにする。これまでは板金が小さかったので雨の量が多い時に板金からあふれた水が壁を伝って下の廊下に漏っていた。この処理を終えて10何年雨漏りに悩まされていたのが、止まってとても感謝された。
スポンサーサイト

サッカーの神様はいた!

2011年07月19日 18:03

 3月の震災以後、屋根の補修工事や、耐震補強工事に追われる日々でブログを書く時間が無くてしばらくブログを更新しなかったのだが、17日の女子ワールドカップ「なでしこジャパン」の試合を見て感動したのでこの試合を見て感じた事を書いてみたいと思った。

 今回のMVPに輝いた澤キャップテンが試合の前にたびたび「サッカーの神様」がいるならと口にしていたのだが、決勝のアメリカ戦に神様を見た。アメリカの再三の猛攻で、入ったと思ったボールが何度もゴールバーに当たって跳ね返された。まさにそこに神を見た。神様は、頑張る人に微笑むなどと言う乙女チックな感傷を超えた何かがあった。

 リードされた後に追いつき、同点としたゴールも神がかっていたし、PK戦で見せたプレーもまさにそうだ。ただ勝ちたいとの思い以上の何かがあったと思う。今回の女子のサッカーを見ていると、男子チームの事を考えさせられた。イタリア人のザッケローニ監督の日本人を理解しようと努力している姿は、今までの外国人のどの監督より好感が持てる。
 
 しかし、今回の「なでしこの」試合は、サッカーでの日本人の戦い方の見本を見せてれた。男子のチームは体力に劣ると言う事でチームワークで勝つための4-4-2とか3-5-2とかフォーメーションの話ばかりが優先して、もっとも大切な点を取ると言う戦う姿勢や、精神が欠けている事を教えてくれた。

 今回の女子のワールドカップの試合で、TVの解説を聞いていても、誰もフォーメーションの話をしないで、彼女達の戦う姿勢を称賛していた。まさにこの姿勢こそ男子チームに欠けているものだと思った。ただし、女子チームの戦い方の陰には、佐々木監督が日本女性の体力に合った戦い方を見出して日々努力してきた結果だと思う。

 早いパス回しは、体力の差があっても相手と接触する前にボールを離していればボールを奪われる事はない。プロサッカーチームで今一番美しい試合をすると言われているFCバルセロナは、世界中のファンの心をつかみ、他のチームからは、あこがれの存在として尊敬を集めている。この大会中、海外のメデイアは、「なでしこジャパン」は女子のバルセロナだと讃えていた。

 そして、佐々木監督は、決勝戦の前にTVのインタビューに答えて、澤キャップテンと同じ様に「サッカーの神様がいればそろそろアメリカに勝たしてくれるのでは」と話していた。そこには最善を尽くしたものだけが言える自信さえ窺えた。(これは結果が伴ったから言えるのだが)

 仮に決勝戦で負けていても今回の結果は、彼女達の評価を下げるものでない。誰もが今回の戦いぶりを見て勇気をもらったと口をそろえて言うが、私も同感だ。これからは、自分も自分に限界を造らないで色んな事に挑戦しようと思う。そして、彼女たちの快挙に感謝をこめて心からの喝采を送りたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。